20150815_K01
平日でもたくさんの人で賑わう秋葉原。

「アキバ」の名で、今や世界的にも有名な街だ。取材で訪ねた日もアジア、欧米といった世界各国の人たちが首からカメラを提げて歩いている姿があちこちで見られた。その中央通りに店を構えるPCパーツの専門店「ツクモeX.」。ゲームやCG製作、動画編集のためのハイスペックPCを自作する人のための各種パーツが豊富に揃っている。

20150815_K02
秋葉原中央通りに店を構える「ツクモeX.」

ツクモeX.の店員であるKさんが描くPOPがお客さんの間で話題になっている。KさんのPOPはちょっと変わっていて、ホワイトボードに描かれているのだ。

20150815_K03
「ツクモeX.」の店員として働くKさん
20150815_K04
Kさんが愛用している、ぺんてるのホワイトボードマーカー「ノックル」
20150815_K05
20150815_K06
Kさんが描いたホワイトボードPOPは、店舗の入り口に掲示され
街行く多くの人たちの注目を集めている。


■秋葉原では、ホワイトボードPOP文化がある
20150815_K07
Kさんが「ツクモeX.」でホワイトボードPOPを描きはじめたのは2013年からだ。
きっかけは担当する売り場が変わったことだった。以前は、PCのハードディスク売り場だった。もちろん、この売り場でもPOPは掲示されていた。ただそこでは、売り場責任者の方がPOPを担当していたため、Kさんが描く機会は巡ってこなかった。

20150815_K08
その後、PCアクセサリーフロアの担当に変わることになり、これが転機となった。このフロアではPOPを描く人がいなく、Kさんにチャンスが回ってきた訳である。実は、KさんはかねてよりPOPを描きたくてウズウズしていたのだ。

20150815_K09
Kさんが担当するPCアクセサリー売り場

そもそも秋葉原では、ホワイトボードでPOPを描く風潮が以前からあった。商品の中でも値動きが激しいものは、頻繁にその価格を書き換えなくてはならない。そのため通常の紙に書いていたのでは、到底間に合わない。その場ですぐ書き換えられるホワイトボードが重宝されていたのだ。

20150815_K010
「ツクモeX.」店内にもKさんによる手描きPOPがいたるところにある

単に価格を書くだけでは終わらないのが、オタクのメッカである秋葉原。だれかれとなくPOPにアニメのキャラクターを交えて描きはじめるようになった。そうした動きはすぐに他の店にも伝わり、各店舗で競い合うように絵を描いていく流れができていった。いつしかアキバ界隈ではよく見られる風景になっていった。

そうしたホワイトボードPOPがTwitterやまとめサイト等でアップされるようになった。
Kさんは、以前よりアニメのイラストや漫画を描いていたこともあり、インターネットで他の人たちが描いたホワイトボードPOP作品を見ては、いつかは自分でも描きたいと思っていた。

そのチャンスが巡ってきたのだ!


■旬のネタを盛り込むのがKさん流
KさんのホワイトボードPOP作品の数々をご覧頂きたい。


20150815_K01120150815_K012
20150815_K01320150815_K017
20150815_K014
20150815_K015
20150815_K016
20150815_K018
まず驚かされるのが、その完成度の高さだ。同店のメインキャラクターである「つくもたん」をベースに様々なPOPがさながらアニメ作品のように描かれている。

「あまり宣伝っぽくなるのはイヤだったので、お客さんが見て楽しめるネタを盛り込んでいるんです。」

Kさんがそう話すように、単にキャラクターを交えて商品宣伝を描くだけではなく、必ずそこにはネタ的要素が含まれる。絵のうまさとネタの面白さがKさん流の最大の魅力となっている。
たとえるなら、POPの大喜利といった感じだ。あくまでもさりげなく店の集客やイチオシ商品が紹介されている。

個人的にうまい!と思ったのが、ウィルスソフトを紹介したPOP。風邪薬の広告のように仕立てられているのが面白い。
20150815_K019

また、TwitterやFacebookでも話題になったをモチーフにしたPOPもあった。「ツクモeX.」風にアレンジされた、このハンドサインPOPはTwitterでも話題になり、1,000以上のリツィートがあったという。
20150815_K020

土橋が注目したポイント
  • ホワイトボードマーカーは、基本は文字や図を描くものだ。私の理解では、一定の線が描ける筆記具だと思っていた。しかし、Kさんの作品は一本一本の線に抑揚がある。こんな表現力が「ノックル」には秘められていたというのは再発見だった。ボードマーカーも使う人によっては「表現の道具」になってしまうのだ。


*後編はこちら


「ノックル〈太字〉」商品詳細ページ
http://www.pentel.co.jp/products/spiritbasedmarkers/whitebordmarkers/knocklefutoji/

「ノックル〈中字〉」商品詳細ページ
http://www.pentel.co.jp/products/spiritbasedmarkers/whitebordmarkers/knocklechuji/

「ノックル〈細字〉」商品詳細ページ
http://www.pentel.co.jp/products/spiritbasedmarkers/whitebordmarkers/knocklehosoji/



人気ブログランキングへ