表現の道具箱

文具コンサルタント「土橋 正」の「書く」・「描く」・「画く」文具を楽しむブログ。

カテゴリ: 水性ペン

≪前編はこちら 株式会社伊東屋とぺんてる株式会社、初のコラボペン「ITOYA 110 ペンジャケットシリーズ」。後編では、その使い心地をご紹介していこう。「ITOYA 110 ペンジャケットシリーズ for サインペン」、「ITOYA 110 ペンジャケットシリーズ for ボールぺんてる」、「ITOYA 110 …
>>続きを読む

後編はこちら>>日本の100円クラスのペンの書き味は世界的に見てもトップクラスであると私は考えている。その書き味をもう少し上質なボディで楽しめたら・・・そうかねがね思っていた。それがこのたび実現した。文房具専門店の株式会社伊東屋とぺんてる株式会社初のコラボレーシ…
>>続きを読む

後編はこちら≫アニメやゲームなどのキャラクターボイスを担当する声優、テレビ番組やCMのナレーター、ラジオパーソナリティをはじめ、声を使った表現をベースに幅広く活躍されている諏訪部 順一さん。その実績はすさまじく、ウィキペディアをみると、画面を何度もスクロール…
>>続きを読む

谷尻さんの作品を見ると、美しいとか格好いいというものを飛び越えて、心を揺さぶられるものがある。見るものに無条件に感動を提供する建築家の谷尻 誠さん。日本のみならず世界からも注目を集めている人物だ。建築に軸足をおきつつ、活動フィールドはインテリア、CM、プロダ…
>>続きを読む

世の中のありとあらゆるものを「拡張」する川田十夢(かわだ・とむ)さん。「BUMP OF CHICKEN」のポスターをスマホでかざすと、ポスターの中のいくつもの額縁が次々に壁から離れ全方位に飛び出していく。リアルの世界のポスターは、なにひとつ動いていないのに、スマホに映し…
>>続きを読む

気持ちよくサラサラとペン先が進み、力加減で筆跡の強弱も自在に表現できる「プラマン」、「トラディオプラマン」。その独特な書き味に魅了されたファンは多い。私も宛名書きをする時は、よく手にするペンだ。この「プラマン」、「トラディオプラマン」を作り出したのはぺん…
>>続きを読む

子供の頃から、さりげなく身の回りにあった「サインペン」。きっと多くの方にとっても、もやは空気みたいに自然で、欠かせないものになっていると思う。そのサインペンが私の中で、ちょっと特別な存在になったことがある。かなり昔の話だが、お話ししてみたいと思う。 ■さ…
>>続きを読む

「直感的」とは、なにも考えずとも本能のおもむくままに使えること。私はそんなふうに考えている。この「アンキスナップ」を使った時、その「直感的」という言葉が頭に浮かんだ。「アンキスナップ」はアナログ文具とデジタルを橋渡しする、いわゆる「スマホ文具」。スマホ文…
>>続きを読む